柱や電気の配線もかじる|現地調査をしっかり行うねずみ駆除業者を探そう
住宅

現地調査をしっかり行うねずみ駆除業者を探そう

柱や電気の配線もかじる

ネズミ

夜になると活発に活動

家屋に住み着くネズミは、ドブネズミ、ハツカネズミ、クマネズミが一般的です。ネズミは物をかじる習性があり、家具、柱、電気の配線などに被害を及ぼします。屋根裏の配線などをかじられると、出火などのおそれもあり注意が必要です。また、ネズミの巣にはダニなども発生し昆虫による二次被害も考えられます。このほかにも寄生虫や病原菌などを媒介することがあり食中毒の原因になる事があります。ネズミは夜行性で巣を中心に縄張りを作ります。物陰をいどうするので人間の目にとまることはほとんどありません。下水道の発展により、ドブネズミが多い時代がありましたが、背の高い建物や高層ビルが立ち並ぶ現代では、垂直移動のできるクマネズミも増えてきました。

住みにくい環境をつくる

ねずみ駆除は、捕獲して退治する粘着式やねずみ駆除剤、燻煙ねずみ駆除剤などが一般的です。被害や数が多い場合では、ねずみ駆除業者に相談することが良いでしょう。ネズミが生息するには餌が必要になります。このことから、食べ残しの残飯や食べ物の屑をしっかりと処理をすることが重要です。外からの侵入を防ぐねずみ返しを使うのも方法です。ねずみ駆除で罠などを仕掛ける場合では、縄張りや行動する通り道など警戒しない場所に仕掛けるのが大事になります。また、ネズミが住みにくい環境にすることが予防になります。巣を見つけたら速やかに取り除き掃除をします。完全に駆除をするには、詳しい調査と知識が必要になるので専門業者に相談が良いでしょう。